餅は餅屋、箱は箱屋

posted in: BLOG, game sd diary, POSTS | 0
様々な箱の中から次々とサンプルが提示されました。
私たちが用意した箱のイメージ

箱は確実に製品に付加価値を持たせてくれます。

記念トロフィーがビニール袋に入って渡されたら…

一生手元に持ち続けたくなるモノにするには、

劣化から守るという重要な役割と共に、

デザインは超重要だと思うのです。

箱の持つ潜在意識に訴えかける力は強いと思っています。


ただ、高い。

コストがエクスペンシブです。

豪華な箱を安価で、というのは無茶な話というものなので、

そこは、何処かを削って、何処かに廻すという、緻密なコスト管理が必要になります。

箱は箱屋ということで、製本会社さんとは違うところを探しました。

あらゆる箱を、手に取って見ることができるとHPにあった箱屋さんのオフィスに行って、

実際に見せて貰うことになりました。

う〜む、凄い!!所狭しと陳列された箱、箱、箱!

まるで博物館の展示室のようなオフィスでした。

コスメ関係の箱のバリエーションの多さに圧倒されました。

材質、収納方法、Vカット加工、マグネット、などなど

中身の高級感を損なわない工夫が施されていますね。

ただ、やはり高い!

これは乗り越えないといけない大きな壁がありますね〜

頑張ります!!

帰り際にVカット加工の名刺入れをサンプルに頂きました。